副業だからこそ手抜き厳禁【マンション投資に失敗しないコツを伝授】

空き室を無くす

Building

マンション投資を始めたいけれど、失敗するリスクを考えるとこわくてできないという人は、前もってリスクを把握し回避する対策を施しましょう。マンション投資において、空き室はもっとも大きなリスクだといえます。マンション投資の収入は主に、賃貸や購入といった方法で家賃を支払ってくれる居住者がいることで賄っています。要するに、お客様が来ない場合、飲食店を経営していても収入はありません。マンション投資ではこれと同じことがいえ、利用者がいないと収入は入ってきません。そのため、空き室がある場合その分損をしているといえるのでマンションを満室にすることが望ましいといえるのです。利用していた人が進学や転勤などをきっかけに引越しをする場合、その人が引越してから次の入居者が決まるまでの空き室状態が続いてしまうとその分収入は入ってきません。引越しが決まった時点で広告を出し、すぐに次の入居者が入れる状態にしましょう。

空き室のリスクを抑え、失敗しないマンション投資をするためには安い金額の家賃を設定することが大切です。そのためにも、あらかじめマンションを購入する際安い金額のマンションを購入しましょう。相場に適したマンションを購入し、入居者が無理なく払える範囲の家賃を設定することが大切なのです。また、臨機応変に家賃を下げても損をしないようなマンションを購入する必要もあります。入居者が増えるよう自分で設備を整えることも大切です。各部屋にインターネット配線をつなげたり、外観をキレイにするためにもこまめに掃除したりと自分ができる範囲で住みやすい住宅に仕上げましょう。日頃から住民とのコミュニケーションを図ることで、引越す人を軽減でき、空き室リスクを抑えることができます。マンション投資に失敗しないためにもこういった対策を施すと適切です。