副業だからこそ手抜き厳禁【マンション投資に失敗しないコツを伝授】

空き室を無くす

Building

マンション投資において、空き室リスクはもっとも怖いことだといわれています。失敗しないためにも家賃の相場を正しく判断し、同時に自分でも住みやすい住宅にする対策を施しましょう。

詳細を読む

物件価格の低下

Building

マンション投資の失敗で考えられるリスクのひとつに物件価格の低下があげられます。周辺の環境が変化したり、マンション内の外観や設備が古くなったりすることで物価は低下します。さまざまなことを考慮してから購入しましょう。

詳細を読む

天災による被害

Building

日本は地震大国と呼ばれるほど地震被害が多くある国です。マンション投資に失敗した人のなかにはそういった天災に備えておらず全額自己負担になるなどのリスクを背負った人もいます。前もって備えておきましょう。

詳細を読む

手軽な副業

Building

現在サラリーマンなど多くの人が副業に選択しているのがマンション投資です。マンションを一棟、もしくは一部屋購入しそれらを賃貸に出すことで収入が得られます。常にマンションに待機しておく必要がなく、本業の傍らとしてマンション投資をすることができます。その手軽さと安定した収入を得られることから、素人でも不動産投資としてマンション投資をする人が増えているのです。しかし、安易な気持ちで始めてしまうとマンション投資は失敗してしまう可能性もあります。それらを回避するために事前に考えられるリスクを挙げ、それらを対策する正しい方法を知っておくことが大切なのです。最近では、マンション投資に成功した人が綴った本などがあるのでそれらを参考にすると適切です。身近にマンション投資をしたことがある人がいれば、アドバイスをもらうことも良いでしょう。副業だからこそ手抜き厳禁だという事を頭に入れておきましょう。

マンション投資で考えられる失敗例として、代表的なのが「空き室」「物価価格の低下」「天災による被害」です。これらは事前にそうならないように備えておくことでリスクを回避できます。空き室は、空き室期間が長引かないようにすぐに入居者募集の広告を出したり、設備や外観を整えたりすることで回避できます。また、物価価格の低下を防ぐには事前に近隣の情報やマンション環境を把握することが適切です。購入する際、近隣が変化しないか、またはマンションの築年数はどの程度なのかといったことを考え、長い目でマンションを購入するようにしましょう。天災による被害は保険に加入しておくことで回避できます。あらゆる天災の被害を考慮し、適切な保険に加入しておく必要があります。これらのリスクを無事回避することができれば、マンション投資は成功するといえます。